社内報制作にあたっての重要なポイント

社内報制作を始めるときに、まず何から始めたら良いのか、迷うことはありませんか?

各コーナーごとに好きなように内容を決めてしまうと、全体的に統一感のないものになってしまいます。

最初に考えるのは「企画」を立てることです。
社内報の目的や方向性を決めていくことです。

そして、特に社内報制作にあたって重要なのは、

この「企画の立て方」になります。

企画の立て方のポイントをご紹介します。

企画を考えるにあたって大切なのは、
読者が楽しめるよう読者目線で構成していくことです。

基本的なこととして、特に次の3つのポイントを重視して企画を考えていきます。

  1. 誰に何を伝えたいのかを決める
  2. わかりやすい伝え方の形式を決める
  3. 構成とレイアウトの詳細を決める

この3つのポイントで企画を立てていきましょう。

フィーリングス
  • フィーリングス
  • 企業・店舗の魅力をわかりやすくカタチにして伝えます。
    販促企画の提案、リーフレット・ニュースレター・社内報などの紙媒体の製作、リクルートサイト制作、グループワークの実施、自治体様向けの行政の法定計画等の事業計画策定支援、アンケート調査、入力・集計、分析報告書作成、ワークショップの実施、手作りハザードマップ制作

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。