【社内報づくり】感情表現のある記事の作り方

感情表現のある記事では、当たり前ですが、事実も重要ですが、感情や考え方が入ることで読まれる記事として大事な要素とされてます。

せっかく記事として作るなら、読んでもらいたいですよね。

ここで意識して感情や意見を表現するためのポイントをご紹介します。

感情や意見を自分なりの表現するために、自分への問いかけを応用して言葉を書き出します。

「●●について、自分はどのような意見を持っているのかと言うと…」

「■■についての自分の■■な感情はどのような感じかというと…」

…と、問いかけて文章を考えてみるとよいでしょう。

正直、「その事実に対してどのように感じるのか」を加えることで、見違えるほど記事の表現が変わってきます。

 

個人的に行っている作成手順としては、

  1. 印象に残ってる部分を「箇条書き」で書き出す。
  2. 書き出したその部分への意見、考え、似たような気持ちになった自分の経験などを追記する。(なければ1.に戻り、印象に残る別の部分を探す)
  3. どのように感じたかを表現では、「うれしい」「たのしい」などの表現があれば、ボキャブラリーある形容詞の表現まで変えられると良いが、難しければ、「なぜ?うれしいのか?」「どうして?たのしいのか?」と深堀をしてみる。
フィーリングス
  • フィーリングス
  • 企業・店舗の魅力をわかりやすくカタチにして伝えます。
    販促企画の提案、リーフレット・ニュースレター・社内報などの紙媒体の製作、リクルートサイト制作、グループワークの実施、自治体様向けの行政の法定計画等の事業計画策定支援、アンケート調査、入力・集計、分析報告書作成、ワークショップの実施、手作りハザードマップ制作

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。