社員の帰属意識 社内報づくり

社員の帰属意識

これまで日本は終身雇用の制度が一般的でした。 一度会社に入ったら定年までその会社に属することが当たり前の時代。 近年は転職活動をして複数社で働くことは珍しくはない時代になりました。 どちらが正しいということではないのですが、世間に出て社会に貢献する仕事をするのであれば、一緒に仕事をする仲間は、提供す…
【社内報づくり】感情表現のある記事の作り方 社内報づくり

【社内報づくり】感情表現のある記事の作り方

感情表現のある記事では、当たり前ですが、事実も重要ですが、感情や考え方が入ることで読まれる記事として大事な要素とされてます。 せっかく記事として作るなら、読んでもらいたいですよね。 ここで意識して感情や意見を表現するためのポイントをご紹介します。 感情や意見を自分なりの表現するために、自分への問いか…
【社内報づくり】読まれる記事に共通する最も重要な要素とは 社内報づくり

【社内報づくり】読まれる記事に共通する最も重要な要素とは

日頃、社内報制作で読まれる記事をつくるのに本当に頭を抱えて悩みます。 試行錯誤している中で、読まれる記事を作るために最も重要な要素があることに気が付きました。 毎回の社内報記事を作るとき、その要素が入っている記事と入っていない記事では実際に読まれる方の反応が違うのです。 それは、感情表現を入れた文章…
企業の魅力は働く人の「想い」から 会社案内、ニュースレター制作

企業の魅力は働く人の「想い」から

自社の魅力を伝えようとするときに、このようなことを感じたことはありませんか。 企業の魅力を伝えるとき、他社にはない独自の商品やサービスを紹介することで、独自の魅力を伝えていくことはできると思います。 しかし、技術に自信はあるが、一般的な商品を取り扱っているため、それほど他社との見分けがつけられるもの…
③構成とレイアウトの詳細を決める 社内報づくり

③構成とレイアウトの詳細を決める

今回は、企画の立て方の続きの最後「③構成とレイアウトの詳細を決める」についてです。 誌面の構成(枠取りなど)とデザインを決めていきます。 特に弊社ではデザインイメージも会社のイメージや雰囲気、 要望に合わせてオリジナルで作成します。 作り手が伝えたい事を構成だけでなく、 読者にビジュアル(イラストや…
②わかりやすい伝え方の形式を決める 社内報づくり

②わかりやすい伝え方の形式を決める

今回は、企画の立て方の続きで「②わかりやすい伝え方投稿一覧の形式を決める」についてです。 コンセプト(考え方や方向性)が固まったら、 その記事の取材を誰にするか、どのように伝えるのかの形式を決めていきます。 形式はいくつかありますが、 コンテンツによって直接人物にインタビューでその情報をまとめて掲載…
①誰に何を伝えたいのかを決める 社内報づくり

①誰に何を伝えたいのかを決める

前回、社内報制作にあたって、最初に考えるのは「企画」を立てることとお話をしました。 そして、企画の立て方で基本的なこととして、特に次の3つのポイントを重視することもお話ししました。 ①誰に何を伝えたいのかを決める ②わかりやすい伝え方の形式を決める ③構成とレイアウトの詳細を決める 今回は、企画の立…
社内報制作にあたっての重要なポイント 社内報づくり

社内報制作にあたっての重要なポイント

社内報制作を始めるときに、まず何から始めたら良いのか、迷うことはありませんか? 各コーナーごとに好きなように内容を決めてしまうと、全体的に統一感のないものになってしまいます。 最初に考えるのは「企画」を立てることです。 社内報の目的や方向性を決めていくことです。 そして、特に社内報制作にあたって重要…
会社の魅力を採用候補者へ伝える 社内報づくり

会社の魅力を採用候補者へ伝える

社内報で会社の魅力を採用候補者へ伝える 中小企業の悩みの一つ、採用活動の問題。人材不足ではあるが、新卒の応募がない、なかなか未来をともにする人材の採用ができない。 大げさな言い方かもしれないが、それは単純に人員を補充するものや優秀な若者を取り合うものでもありません。企業が数十年後に目指すべき姿、その…
紙の情報の「特別感」 feelingsのお仕事

紙の情報の「特別感」

紙の情報の「特別感」 最近では情報発信メディアとして、主にWEBによる発信が当たり前の時代になってきたように思います。ブログやSNSによってよりスピーディな発信が中心になってきている現在。近年では動画による情報発信も少なくはないでしょう。 そんな中、「紙」による情報は異色の存在感を出しています。「本…